No.51(200512)「メイクの力」

おはようございます、河合妙子です。

コロナ禍の今、GWは誰しもがステイホーム・・
とはいえわが家のGWは毎年、
朝の犬散歩が2時間といつもより遠出になり
昼食を食べそびれることもあったんですが
その割に体重は減りませんでした(泣)


「メイクの力」

■私に会ったことある方は知ってますが
私はいつもバッチリメイク(笑)。
すっぴんは、服を着ていないような感覚です(笑笑)。

そもそも毎日メイクをするようになったのは
保育園に就職してからです。
当時の園長先生が『お化粧はマナーです!』
と、すっぴんで働くことを禁じていました(驚)。
どんなに汗みどろになってもです。

ですので今ではマスクをしても
ファンデーションはもちろん、
アイブロー、アイシャドウ、アイライン、ビューラー、マスカラは
きっちり施します(大笑)。

■そんな私がGW中、どうせどこにも出かける用事がないから
たまにはメイクをお休みして、肌を休ませてあげようと
すっぴんのまま過ごしていました。
ボサボサ髪も一つに結び
パーカー着てゴロゴロごろごろ・・・。
完全にオフモードで何をする気にもなれません。
掃除機かけて気合を入れようと頑張ってみましたが
終わるとまたゴロゴロごろごろ。

『たまにはいいじゃ~ん』って思いながら
ゴロゴロするのと正比例して
みるみるうちに荒れていく部屋に、
イライラしている自分の気持ちが押し問答して耐えられなくなり
思い切っていつものようにメイクをしてみました。
すると、あら不思議!気持ちもどんどん元気になったんです!?

料理をするときはエプロンをする、
犬の散歩は運動靴を履く、
仕事の時はちょっとキチッと感のある服を着る、
まずは形から…ではないですが
その気にさせるためには
ビジュアルって大事なんだなって感じました。

■花王が在宅勤務をしたことがある一般女性329人を対象にした、
在宅勤務時のメイクについての調査によると
メイクをすると仕事上どのような効果があると思うかの質問には

「オン・オフの切り替えができる」(63.5%)
「自信がつく」(58.7%)
「対人関係が良くなる」(46.8%)
と続きました。

お化粧は自分のためだけでなく
相手のためとも言います。
ご高齢者の心身を元気にする効果がある
“化粧療法(メイクセラピー)”っていうのもあります。
外見を美しくするだけでなく、
前向きな気持ちをもたらすなど
内面からも支えてくれる化粧、メイクって
すごい力があるんですね!

■コロナ自粛の今、化粧品の売り上げは7割減だそうですが、
(外に行かない、またはマスクでほぼ顔が見えない)
家にいる時間が長いからこそ
今までメイクをしたことがない人も、ゆっくり鏡に向かって、
自分に合ったメイクを研究し、
始めてみるのも良いのでは♪

きっと今までとは違う自分を
発見できると思いますよ。

それではまた~


河合妙子





゜+.―゜+.――゜+.―゜+.
   【編集後記】
゜+.―゜+.――゜+.―゜+.


おはようございます^^
いつもメルマガをお読みくださりありがとうございます。
家ではテキトーな服&すっぴんのまみりんです^^;

この連休は必要な買い物以外は家で過ごしていました。

例年なら旦那さんの実家へ帰省したり、
友人とBBQしたりと毎日予定を入れ
あっという間に
連休が終わってしまっていました。

今年は、近所の畑へ散歩に行ったり、
ベランダにテーブルを出してお昼ご飯を食べたりと、
初めて家族だけで過ごした貴重な連休でした。

そんな連休でしたので、
やっぱり私は「すっぴん」の毎日。

今回たえさんの「メイクの力」を読んで、
反省しました。。。 

これからは家でダラダラしてしまいがちな時は、
ちゃんとメイクをして、
服もきちんとしたものに着替えて、
しゃきっとした気分で過ごそうと思います。

このメルマガ編集も実はテレワークで自宅でしているのですが、
ちゃんとメイクしていますよ。
おかげで仕事がはかどるはかどる♪


「メイクの力」すごいです!



コラム・メルマガ|メルマガ「隔週お片づけ美人ビジョン」

ページトップへ