No.56(200721)「人生の折り返し地点でやめたこと」

みなさんおはようございます、河合妙子です。
今年の梅雨は長かったですね~。

先日、短大時代の同級生であり、
もう37年来の大親友と
一年近くぶりに会いました。

定番のファミレスではなく、
オシャレなレストランでディナーをいただきながら
今のこと、これからのこと、
途切れることなくおしゃべりし続け、
場所を変えてまたしゃべり続け、
気づいたら夜中の12時でした(笑)。

還暦という人生の節目まであと4年の私たち。
人生100年時代の折り返し地点の今だからこそできる
やってみたいコト、楽しいコトを
模索し始めました。



「人生の折り返し地点でやめたこと」

さて、今から12年ほど前
初めて整理収納の基本を知った時、
体に電気が走り抜けるくらいの衝撃を受けました。

それまでは日常でどんどん増えていくモノたちを横目に
ずーっとモヤモヤしてたんですが
そのモヤモヤの霧がパーッと開けた感じ!

「モノって捨ててもいいんだ!?」
「モノってこんな風にしまうんだ!?」
「カゴってこんな風に使うんだ!?」

まだまだ使えるモノを
使っていないなら捨てていいなんて!!!

その後、心理学も学んだことで、
私をずっと苦しめていた共依存からも脱却し、
『~でなければいけない』 という呪縛も解け
それに正比例するように家族関係、特に夫婦関係は
劇的に修復されました。

そしてとうとう2年半前、
私自身が何十年もやりたいと
潜在意識(無意識)の中で思い続けてきた、
バレエのレッスンや歯の矯正を
実行に移すことができたとき、
夫からこんなアドバイスを受けたんです。

「やることを考えるのではなくて、
 これからはやらないことを考えたほうがいい。」

やらないことを考える???
実はこれは、
自分の本当にやりたいことをやるために
とても大事なこと。

そこでその頃から
色々なコトを手放し始めました。
いったいどんなことをやめたかっていうと・・・

・夜のスマホ時間
・靴下をたたむこと
・高級下着を買うこと
・定期的に服を買うこと
・完璧な掃除
・夜仕事をすること
・油で汚れていない食器を洗剤で洗うこと
・見た目良い収納グッズをそろえること
・気の合わない人との会食
・疲れるのに見た目がいい靴を履くこと
等々

まだまだあるし
まだまだ増やそうと思ってます(笑)。

モノの片づけも、まず不要なモノを
手放すことから始まりますよね。
お金もそう、もったいないと言って手放さないと
良いモノ、素晴らしい経験は入ってきません。

お気に入りのモノに囲まれ、
毎日笑って、毎日楽しく
充実した暮らしをしている人は
自分の中で、「要らないモノ、コト」が
きちんと線引きできている人なのです。



それではまた~




河合妙子





゜+.―゜+.――゜+.―゜+.
   【編集後記】
゜+.―゜+.――゜+.―゜+.


おはようございます。
いつもメルマガをお読みくださりありがとうございます。
スタッフのまみりんです^^

先週は冷房をつけなくても夜寝られたのに、
今週はつけないと寝苦しくなってきました。

暑い夏はもうすぐそこですね。
今年の夏は例年通りとはいかないので、
お家で楽しめる何かを探そうと思います。


「人生の折り返し地点でやめたこと」


私も靴下や下着、服もたたみません。
洗濯物を片づけるのが苦手だったので、
思い切って「たたまなければ」という思考を
手放しました。
(以前は洗濯済みの服の山が度々出現していました)

靴下下着は引き出しにポイっ
服はハンガーのままクローゼットへ。

洗濯物をため込まなくなったことで、イライラが激減しました。
時間もかからなくなったので、子どもたちとカードゲームをして遊ぶ時間も増えました。

手放すことで手に入れられるものがある。
そう思うと、他にもいろいろ手放せそうです♪

コラム・メルマガ|メルマガ「隔週お片づけ美人ビジョン」

ページトップへ