No.37(191029)「折れない心を作るには」

キレイになると人生が変わる!「隔週お片づけ美人ビジョン」

こんばんは!河合妙子です。

って今、帰りの新幹線の中でメルマガ原稿書いております。
知る人ぞ知る和田裕美さんの
5年ぶりになる わくわく伝染ツアーに参加し
テンションマックスです私!

私自身はもう10年近く前に
このわくわく伝染ツアーに参加したことありますが
やっぱりいいんです!スゴイ人です!!

約2時間半の和田裕美さんの言葉を
全部忘れたくないので
A4の裏紙(ノート持ってけよって話)6枚に渡り
ひしこいて書き殴りました。

右手右指ビリビリしびれまくり
心も感動でしびれまくっております。

本当にすご~く良かったので
(言葉のボキャブラリー少なくてスミマセン)

皆さんにここですべてお伝えできないのが残念ですが
今日和田裕美さんから教えていただいたほんの一部
「折れない心を作る5つのステップ」のうち
一つだけ、お伝えさせていただきますね。
他のお話は、また色々な場所で
楽しみにしていてください!


「折れない心を作るには」


■片づけに於いて
「捨てる」はほんと重要です。
モノを捨てないですっきりした暮らしは
成り立ちません!
って、もうこの事については
皆さんの耳に大タコできるくらい
繰り返しお話してます。

片づけについて、どうですか?
セミナーの時だけやる気になったり
やってもすぐリバウンドしたり
毎日家族にあたってしまったり等々

私たち、これまでにも
心折れること何度となくあったことかと思います。
ありましたよね?

■実は、折れない心を作るにも
この「捨てる」ことが
とっても大事らしいのです。

折れない心を作るには
捨てなくてはいけないことが二つあります。

この場合モノではありません。
一つ目は「相手への期待」

せっかく温かい料理を作って
美味しい顔をして食べてくれるのを期待していたのに
子どもが遅く帰ってきて
冷めた料理を食べている子どもを見て腹が立つ。

相手に期待すると心が折れやすいのです。

二つ目に捨てて欲しいのは「過去への執着」
あまりにも悲しかった過去
苦しかったことも、
過去は変えられるのです。

人間の記憶は一度思い出すと、自分次第で
悪いことも、良いことに再構築されると
ノーベル賞をもらった有名な人が(誰だっけ?)
言ってました。

100%自分次第なのです。

■「相手への期待」「過去への執着」を捨てれば
片づけをするにも心が折れません。
片づけに協力どころか散らかしてばかり
・・・という期待
あんなに片づけ頑張ったのにできなかった
・・・という過去

まずはこの二つを捨てましょう。

もちろん「捨てる」と決めるのは自分です。
人間は、自分が決めないと動かないので。
自分で決めてくださいね(笑)!


ではまた~



河合妙子





゜+.―゜+.――゜+.―゜+.
   【編集後記】
゜+.―゜+.――゜+.―゜+.


おはようございます。
スタッフのかんちゃんです。
いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます。

『折れない心を作るには』

周りの目や色んなことが気になった子どものころ
マイナス思考の自分が嫌だと思っていた二十歳前後

最近、結婚して子どもを産みとても強くなったように思います。

そういったマイナスな感情を捨ててるのかもしれません。

嫌なことは寝て忘れたり。
人に話すと満足するのか忘れてしまいます。

クヨクヨしてもしょうがない!
悩んでもしょうがない!

いつの間にかプラス思考とまではいきませんが、マイナス思考じゃなくなりました。

そして自分によく言い聞かしてることは

『頑張りすぎない』
『人と比べない』

お片づけセラピスト養成講座でも学んだことです。


過ぎ去った過去を大事にするより、これからの未来を愉しく過ごしたいと私は思います。



日々楽しく過ごすために、お片づけにお困りの方
私たちがお手伝いしますので、お気軽にご連絡くださいね♪

 

コラム・メルマガ|メルマガ「隔週お片づけ美人ビジョン」

ページトップへ