モノの整理収納をするには、まず心の整理が必要なんです

整理収納をするには、まずは心の整理から

「夫とケンカをしてしまった・・・。」
「子どもが反抗期でちっともしゃべってくれない・・・。」
「職場でミスをしてしまった・・・。」
「大切な人を亡くしてしまった・・・。」

など辛いこと、悲しいことがあったり、ストレスが溜まっていて心が荒れている時は、不思議なことに部屋の中も荒れてきます。
部屋は心の中を映し出す鏡なのです。
いくら体が疲れていても、とても嬉しいことがあったり、心がハッピーな時は、衣類をたたんだり、不要なモノを捨てることも、いつもより少し頑張ってできたりしますよね。

もう皆さんお気づきですが、心と片づけは深くつながっています。
片づけを成功させ、すっきりした暮らしを維持していくためには、まず心の中のお掃除をし、心の中にある不要なモノを手放すことが必要なのです。
いつも幸せを感じ、感謝の気持ちで満たされているとモノの片づけもスムーズにいきます。
しかし、それができない人がいます。

日本人の90%が心に何らかの傷(トラウマ)を持つ「アダルトチルドレン」だと言われています。
そういう方達は心にぽっかり空いた空虚感をモノや人間関係で満たそうとするのですが、心の虚無感は決してそいういうモノでは満たされることはありません。
心の虚無感を、感謝の気持ち・幸福感で満たすにはモノの整理を始める前に、心の整理が必要となります。

心とお片づけの処方箋|心とお片づけの処方箋

ページトップへ