「もったいない」は悪魔のささやき

河合妙子の片づけるとどんどん起こる幸せストーリー⑱

 

「もったいない」は悪魔のささやき

 

「もったいないなあ~」

「もったいなくて捨てられないんです~」

片づけが苦手だと思っている多くの人が

この『もったいない』という言葉を

多く口にします。

 

先日の講座でも受講生さん本人が

「これは使っていない不要なモノ」とご自身で判断しながら

「でももったいなくて・・・」と

何度もつぶやいていました。

その言葉、その気持ち、私も「あるある~」と

すごく共感します。

 

思い起こせば10年ほど前の私は

「もったいないな~」とつぶやきながら

子ども達の食べ残しをいつも口に放り込んでいました!?

そして、その「もったいない」というつぶやきの回数に正比例して

私の体はどんどん横に大きくなっていったのであります(苦笑)

 

しかし本当に問題なのは

その後わき上がってくる『感情』です。

ダイエットしたいと思っているのに

「もったいない」という悪魔のささやきにより

人の分まで食べてしまい、

体重が増え、罪悪感と同時に意志の弱い自分に自己嫌悪・・・

の繰り返し。

捨てるのがもったいなくて、ゴミ箱でなく

自分の口へ放り込む。

ゴミとして捨てているわけではないのに

結果的に幸せな気持ちになれないのはなぜでしょうか?

 

それは『自分自身』を大切にしていないからなのです。

自分が本当に食べたいものではないモノ、

自分の体が必要としていないモノを食べているから

幸せではないのです。

 

これはモノの片づけも同じ。

「もったいなくて~」と、存在さえ忘れていた不要なモノを

家の外に出さず溜め込んでいたら、

家の中はどんどんモノで溢れかえり、メタボハウス一直線です。

それは=(イコール)、家を大切にしていないということになるのです。

 

実は、この『もったいない』という言葉がクセモノ。

『今あるモノを活かす』という意味で使うなら

素晴らしい言葉なのですが、

モノを捨てない言い訳として使う時

それは悪魔のささやきに豹変するのです。

 

片づけの苦手な人、得意な人も

「スッキリ」と「もったいない」の両立は

不可能です!と言っても過言はありません。

今日から「もったいない」を封印しましょう。

片づけは家を

ダイエットは自分を大切にするということ。

「もったいない」を言い訳にしないことが

片づけとダイエットの成功につながります♪

 

20180526「スポーツとよはし」掲載『 暮らしのセラピー』より

 

コラム・メルマガ|コラム「暮らしのセラピー」

ページトップへ