お片づけレッスンをしたお客様の声

「モノを捨てること」に罪悪感がありましたが「ありがとう」の気持ちで手放せました【豊橋】Sさま
家の中、どんどん溜まるモノたち。仕事に追われ整理したいのに整理できないイライラ。片づけに挑戦したものの中途半端に終わり、またモノが溢れた生活に。
そんな時にラポールさんから手紙がきて、「チャンス!」と思い申し込みました。
初回はどきどきでしたが、スタッフの黒木さん、森下さんはとてもやさしく、1つ1つのモノを「これは今必要ですか?」と問いかけてくださり、始めは判断にとても時間がかかりましたが、少しずつ慣れていきました。
集中して「いる」「いらない」の判断をするので、初回はもう「疲れた~」という感じでしたが、3回目には判断もサクサクできるようになり、終わった後はすがすがしい気持ちでした。
「モノを捨てること」に罪悪感がありましたが、使わないで存在すら忘れていることのほうが、モノに申し訳ないなあと思うようになり「ありがとう」の気持ちで手放せました。
自分一人でやると「ま、この辺はいいか」と手を付けない所ができてしまいますが、全て出してすべてのモノと向き合うことが必要なんですね。
収納も動線を考え、使いやすい位置に収納してくださり、とても使いやすくなりました。
息子は満足そうにうなずき「これで探さずに済む」とポツリ。今までは言えなかったんですね。
汚れた部分(ひどい汚れでした)も嫌な顔をせず笑顔で対応してくださり、キレイにしてくださってありがとうございます。
本当に感謝しています。
 

すごく使いやすく、生活しやすくなりました【豊橋市】S様
私は昔から収納に興味があり、本を買ったり、ブログを見たりしていました。
しかし実際自分の家の収納スペースでどの様にしたらいいのか分からず悩んでいました。
今までなかなか物を捨てることができず、常に物があふれている状態でした。
そして、いざ使う時にどこにしまっているのか分からず購入してしまい、さらに物が増える・・・ということを繰り返してきました。過ごしやすい家にしたいと思い、今回お願いすることにしました。
はじめに必要・不要なものに分けました。はじめのうちは悩みましたが、1つ1つ手に取り、物と向き合うことで本当に必要な物だけが残りました。
気づけば不要な物がたくさんあることが分かりました。
そして次にジャンルや使用する場所別に分けることでスッキリ!!今まで外に出しっぱなしだった物がきれいに収まりました。
何がどこにあるかすぐに手に取ることができるようになりました。
今までは一人では何から手を付け、どのように片付けたらいいのか分からず悩んでいたのですが、同じものを一カ所にまとめたり、ラベルをつけて分かりやすくすることで、すごく使いやすく、生活しやすくなりました。
これを機に他の場所も少しずつ無理なく片付けをしていき、より過ごしやすい家にしたいと思いました。
本当にありがとうございました。
 


お片づけ事例、豊橋市S様念願の「いつでもお客さんに見られてもいい家」を実現できています
【豊橋市】Sさま
思い起こせば子どもの頃、私の実家はキレイでした。
転勤が多く、12年で6回転居したので、母曰く「その度に不要品整理、処分できた」のだそうです。


私が12歳の時に長かった関東から関西へ転居したのが最後です。
しかし関西での生活にはなじめず、家族みんなが疲れたせいもあったためか、家にモノが増え、人を呼ばなくなり、人を呼べなくなりました。
そして、「人を招く時は何時間もかけ、片づけや掃除をする」ということがいつしか当たり前になっていました。
それがどこの家でも同じだと思うようになっていました。

ところがそうではないんだとやっと気づいたのが就職してからです。
「家も私の部屋もいつお客さんが来ても大丈夫」と先輩が言ったのが、目からウロコだったのです。
私も変わりたい!と思いました。
でもやり方がわからない・・・。

ゴミを減らしてもきれいになった感じがしない・・・。
結婚して子どもが2人増え、ありがたいけれど頂き物も増え、モノも増え。
ママ友ができて一緒に遊ぶ時は、ママ友の家の方にお邪魔してばかり・・・。
たまに招いてリビングがきれいになっても、夕方にはぐちゃぐちゃすることにストレスも増え。
片づけ、収納ブームでテレビで取り上げられる映像を見て焦るばかり。
図書館で片づけの本、実体験の本を借り漁っては、結局上手くできず悲しくなるばかり。

頭や心の中の大部分を「片づけたい!家をキレイにできない自分はダメだ」 というモヤモヤが占めていました。

ある日、関西の整理収納アドバイザーに思い切って依頼。
「1日でここをこうしたい!」と希望していた通り、たった1日で開かずの間が家の中で一番誇れる整った物置になりました。

それから1年後、豊橋へ転居することになり沢山モノを捨て、かつての母のように家の中をキレイに維持するつもりでいたのですが・・・。
あっという間に雑然と目がチカチカする家になってしまいました。
以前関西で片づけをお願いした時は1日!と決めていたので、私がしたことは「要る要らない」の判断だけでした。
ですので自分でどのように片づけていったらいいのかという力が全くついていなかったことに気がついたのです。
そこで改めてお片づけ「レッスン」とHPにあったたえさんを見つけ、お願いすることにしました。

人に部屋を見せるのは・・・との声も聞きますが、私は10年以上の 「この状態から抜け出したい!」
という苦しい気持ちが恥ずかしさを超えていました。
初めてのカウンセリングでは、自分と部屋を変えたい、助けて欲しい!という気持ちが止まらず、泣きながらたえさんに気持ちをぶつけてしまいましたが(^_^;)
たえさんは、微笑みながら話を受け止めてくれました。
まずどこが一番気になるのか、どうしたいのか、私や子どもたちの意見を聞きながら、「リビングに個人のモノを持ち込まない」といったルールや、
「子どもが小さいうちは・・」とわが家に合ったスタイルも提案してくれました。
初回が終わった時点で6歳の娘と4歳の息子はニコニコ、キラキラ!
「また来てほしい、お友達を呼びたい」と希望を持ってくれていました。

元々きれい好きの息子は、年齢もあって、細かく分けるよりは「とにかくおもちゃはココ」と定位置を決めてあげると、私が何も言わなくてもおもちゃを片づけるようになり、普段彼のおもちゃは落ちていません。
娘は気持ちに波があり、先生が来るのは嬉しいモノの「捨てれるものはない!」とぐずれる時もありました。
でもたえさんは元保育士。心理学も学んでいらっしゃるので、ゆっくり優しく接してくださり、子育ての参考にもなりました。

レッスンの回数を重ね、「10分だけでも」「気になった時、気になった所だけ」とのアドバイスを頂いているのにさぼってしまう時もありました。
しかしたえさんは家に来ると「玄関のキレイをキープしていますね!」
「○○の数は他のお家より少ないですよ!」などと必ず褒めてくれます。
そのためダラけた生活(主にケイタイいじり)を送っていた自分が申し訳なくって、素直に反省。
誉めていただく度にやる気スイッチを押してもらった気分でした。

今では、玄関、リビングは整頓出来ていて、念願の「いつでもお客さんに見られてもいい家」を実現できています。
小学生になった娘が、毎日のように新しいお友達とリビングで遊んでいます。

これからも「気になった時、気になった所だけ、○分だけ」戦法でキレイの場所を広げていきたいと思います♪


お片づけ事例、豊橋市U様「???」から「!」になった時は爽快でした。
【豊橋市】Uさま
思い切って相談して本当によかった!と思います。
子供の成長と共に家の中のモノが増え、使うモノの置く場所が無くなってきてしまい、大事なモノが見つからず、いつも探し物をしている状態で家族もストレスを感じていました。
何とかしたいと思っていた時、DMで妙子さんが整理収納を教えてみえることを知りセミナーに参加しました。
お話を聞いてなるほど…と思ったのですが、家のモノを前にすると、やっぱり自分一人では処分の判断がつかず、これは直接見ていただいた方がいい!とレッスンを申し込みました。

まずレッスンを始める前のカウンセリングでは苦しい心の内を吐き出しました。
片づけとは関係がないのですが、それによって、今この家で自分はどんな暮らしがしたいのか漠然としていたものが見えてきました。

とはいうものの、はじめは家の中をお見せするのは自分をさらけ出すようで恥ずかしかったです。
けれどもいつも妙子さんはピンとした姿勢でにこにこ聞いてくださるので、お話が弾んでこころのコリもほぐれて、気持ちよく家中をおまかせすることができました。

モノを減らすのは真剣勝負でした。
詰め込んだモノを全部出し、一つ一つ要る要らないを決めていくところで相談できるのがとても心強かったです。
どうしようと迷った時は「これは今使っていますか?」「最後にいつ使いましたか?」など、自分で判断できるまで問いかけてくださる。
とっておかなくてはならないと思い込んでいたモノたちを、「これは処分しても大丈夫なモノですよ。」
と言われ「え?これも捨ててもいいの?」とビックリすることも何度もありました。

あれこれ悩んで残ったモノたちがグループ分けされ、パズルのように場所が割り当てられていくのが見事で、毎回見入ってしまいました。
こんな風にできるようになりたい!と思って見よう見まねで小さい所を少しずつ自分でやってみることが今でも続いています。

レッスンが進むにつれ、使うモノが使いやすい場所に来て、しまい込まれていたモノが命を吹き込まれたように動きだし、うれしい気持ちになってきました。
家族が探し物をする時間も減って、便利そうにモノを取り出したり戻したりするとき、スッ♪と音がするようで、見かけるとこれもうれしい気持ちになります。

お世話になってきて心強く思うことがたくさんあります。
妙子さんがどんな時も私の立場に立ってくださっていたこと。
家族のモノが多いと言いながら、私が判断できるモノを減らしていったら、こんなに部屋が広く使えるようになって・・・。
実は私が溜め込んだモノがどんなに多かったことか。

子どもと一緒にレッスンできたこと。
子どもは少し辛かったようですが、何でもかんでも手放せなかったのがその後、もう使わないと思ったモノは、あげる、捨てるの区別をしてさよならできるようになってきました。

どんなモノをどんなふうにしまうのか、私がしっかり理解できるまで粘り強くお話し続けくださったこと。
一緒になって考えてくれて、「???」から「!」になった時は爽快で、お片づけが辛いモノでなくなってきました。
本当にありがとうございました。

まだまだできていないことが沢山あるので、今後もよろしくお願いいたします。


お片づけ事例、豊橋市T様毎日がとても快適になりました
【豊橋市】Tさま
自分のバッグの指定席が欲しい!!というのがお片づけのきっかけでした。
私のバッグはいつもリビングの片隅に無造作に置かれていてなんとなく雑然としていました。
自分の部屋というのはもちろんなく、リビングで過ごす時間が大半です。
財布、手帳、携帯電話、化粧ポーチ等の毎日よく使うモノが入っているバッグは、手元に置いておきすぐチェックしたい→リビングに置くという図式からとにかく一番最初にリビングをすっきり使いやすく整えたいと思いました。

しかしどこから手をつけたらよいのか、何をどこにしまえばよいのかわからず途方に暮れ、そんな時以前から連載を目にしていたRapport(ラ・ポール)のホームページにアクセスしお片づけレッスンをお願いしました。

お片づけレッスンを受ける前のカウンセリングでは、時間をかけて私が日常的に片づけができる状況なのか、家族のこと、また体調のことなど、お片づけに直接関係のないようなことを、じっくりお話しました。
初めて会う人に雑然としたリビングなど家の中を見せるのは緊張しますが、カウンセリングで自分のこと妙さんのことをざっくばらんと沢山の話をしているうちに、緊張もほぐれ、恥ずかしいと思う所も平気で見ていただける気持ちになりました。

お片づけレッスンでは今要るモノ、今使っているモノに重点を置き、それをどう使いやすく分類していくか作業していくのですが
その中で迷う時、妙さんからのアドバイスをいただきながらの判断が私の気持ちの中で大きな後押しとなりました。
もしかしてこれは後で見る書類かも…この紙袋は使うことがあるかも…
でも実際にはこれらのモノは他のモノの陰に埋もれているだけの存在でした。
ということは、これからもずっと使わない…という結果にたどり着き、妙さんのアドバイスのもと、お片づけ後はスッキリ。
納まるべき所にモノが片づけられ、見た目にもわかりやすく取り出しやすく、毎日がとても快適になりました。

モノがすぐ見つかるようになったことで、家族にも手伝いをお願いできるようになり、食品などのストックも種類別にカゴに分類することで、一目で残量なども確認できるようになりました。
必要なモノが見つからなくて色々な引き出しや扉を開けることもなくなり、余分な動作も無くなりました(笑)

お片づけレッスンは、最終的には人の手を借りずに自分で片づけられるようになれるから、作業ではなくレッスンなんですね。

これからも毎日モノは入ってきますが、妙さんからのアドバイスを参考に、自分なりに今の自分に必要なモノかどうか見極めていけたら、今のスッキリした状態をキープすることができ、心も常にハッピーでいられる気がします。
妙さんとの出会いに感謝です!!


お片づけ事例、豊川市M様子どもが自らオモチャを片付けてくれるようになりました
【豊川市】Mさま
新居に引っ越して2年、2歳と0歳の母になり毎日が目まぐるしく過ぎていきます。
子ども達が寝た後、オモチャで散らかったリビングを片付けるのが私の日課でした。
また、こだわって作ったキッチンも、どこに何をしまっていいのかわからず、適当に
食器をしまっていて、全くシステムキッチンを活用できていませんでした。
そこで、テレビで見るような整理整頓をして欲しいと思いネットで検索し、ラポールを知りました。

カウンセリングではきっと全ての引き出しを見られるのだと思い、少しドキドキしていましたが、初めて妙子さんとお会いした時、とても話しやすく、片付けとは関係のない今抱えている悩みなども相談でき、気持ちがとても楽になりました。
カウンセリングでじっくり話を聞いていただき、妙子さんと心の距離が縮まったためか、片付けが全くできていない引き出しや収納を見られても、不思議と嫌な感じがしませんでした。

そして、カウンセリング後、自分なりに不要な物は処分してレッスンに臨みました。
しかし、不要な物を処分してもしまい方がわからないので、引き出しの中はぐちゃぐちゃでした。
レッスン当日、一緒に相談しながらカゴなどを使い分類別や使う頻度によって収納すると、みちがえる程スッキリ使いやすくなりました。
仕切りにカゴやブックスタンドを使ったり、分類別に縦に並べて収納したり、私一人ではとても思いつかないアイディアばかりで驚きました。
雑然としまってあった収納スペースも、しまい方を変えるだけで全く異なる空間に変化することを実感しました。

また、オモチャは取り出しやすく片付けやすくすることで、子どもが自分で整理整頓できるようになることや、子どもの衣装ケースを寝室に置き子ども自身に着る服を選ばせることにより、自立心を芽生えさせることなど、子育てのアドバイスも頂きました。

日々の生活スタイルに合わせて物を配置することで無駄な動きが減り、片付けが簡単になると共に、見えないところこそスッキリ使いやすく収納することが、大切だと感じました。

下の子は授乳中のため、レッスンの途中に何度か授乳し、妙子さんに片付けをお任せしてしまう場面もありましたが、子どもや私の体調を気遣ってくださり、とても嬉しかったです。
妙子さんがしっかりサポートしてくださるので、どんな状況の時でも片付けをやりたいと思った時に行動することが大切だなと感じました。

そして現在は、夕食前に散らかったオモチャを全て片付けてから夕食にするとルールを決め、子どもと一緒に片付けています。
以前は私が片付け始めたら、違うオモチャをどんどん出してきて、さらに散らかり私がイライラして、子どもに怒ることもありました。
しかし、オモチャの量を減らすと共に、子どもでもしまう場所が明確にわかるようにオモチャを配置してくださったので、子どもが自らオモチャを片付けてくれるようになりました。
そのため、私のストレスも減り、心に余裕を持って子どもと接することが出来るようになりました。
お片づけは見た目だけでなく、そこで生活している人の内面もプラスに変化させてくれるのだと実感しました。
お片づけレッスンを受講して本当によかったと思います。
本当にありがとうございました。今後もこの綺麗さを維持出来るように頑張ります。


お片づけ事例、豊橋市Hさま行動できる自分を取り戻せたこと、本当に感謝しています
【豊橋市】Iさま
私が妙子さんを知り、DMをいただくようになってから約1年ほどが経った頃、整理収納事業部「ラポール」発足の案内が届きました。
書面は真心が込められていて素晴らしく共鳴しましたし、そのお志と率直かつ母性的なお人柄を信頼して、困り果てていたわが家にもメスを入れていただこうと殆ど躊躇なくお片づけのお手伝いを希望しました。
私自身は、小1男児と年中女児を持つ母親で引っ越しを何度か繰返し、子どもの世話等もあり、心を病みつつ、まだ空けられないダンボール箱は数十個あるというような有様でした。
悩みながら、けれど妙子さんの「心を解きほぐして開放されるお手伝いをしますよ」というような一貫した純粋な姿勢に私も次第に信頼を寄せるようになりました。3回目には、これまで3年間開けられなかったダンボールまで次々と開封し、開かずの間になっていた一室の床が広く見えるまでになってきました。
片づけができない人の実情、核心に迫り、どうしたら物と心が最も良い形で共存できるのがをズバリ判断し、一緒に作業をしてくださるので心強いですし、暮らしが快適にならないわけがありません。
その妙子さんのセンスたるや、本当に有難く、脱帽ものです。
一度目のお片づけ後、我が子たちは「わぁーきれいになったーー!!」と感嘆の声を上げ、次の日の夜には「ママ、片付けの先生また来てくれるといいねぇ」としみじみ言うのです。「大丈夫!また来てくれるから!」と力強く答えてやれて、私も嬉しさがこみ上げてきました。
大げさではなく、いい家族生活を送っていくのに強力な味方をつけた感じです。
これからも引き続き妙子さんの監督のもと、ご指南いただきながら、少しずつ無理なく、長くかかっても隅々までスッキリさせていきたいです。
今までできずにいた書類やDM、パソコンの処理がその日のうちにやれるようになりつつあります。
整理収納のプロの先生(妙子さんです!)のもとで訓練していただけたおかげで、判断が早くなってきました。これだけでも家のよどみが解消されます。行動できる自分を取り戻させて下さった妙子さんには本当に大感謝!!です!


お片づけ事例、豊橋市Hさま自分では思いつかない方法で教えていただき大満足です
【豊橋市】Kさま
来年職場に復帰する前に家事が楽な家にしたいと思い、家の中の片づけを始めました。
いろいろな片づけ本を読みあさり、自分なりに物の数を減らしましたが、まだいまいち家の中がスッキリしませんでした。そんな時、お片づけのお手伝いをしてくれることを知り、申込みました。
お片づけ作業をしてみて、自分では思いつかない方法を教えていただき勉強になりました。特に出し入れのしやすさにこだわって収納することが大切だと思いました。今まではどちらかというと見た目にこだわっていたので、出し入れしやすく収納したことで、子どもが自分で片づけられるようになりました。3歳の息子は「キレイだといい気持ちだねー♪」なんて言っています。
着替えも自分で服を出してきます。とてもうれしい変化です。その他の日用品も食料品の定位置が決まったことで、片づけが楽になりましたし、残数が把握できるので、買いすぎないようになりました。テールや床の上に何も置かないよう意識して生活できるようにもなりました。
家の中が整ってくると気持ちに余裕ができ、家族に優しくなれるような気がします。
今回このような経験をさせて頂き、本当にありがとうございました(^_^)


お片づけ事例、豊橋市Hさま不思議なことにどんどん片づけたくなりました
【豊橋市】Hさま
「片づけをしなきゃ~」周りを見渡すとたくさんの物に囲まれて「あ~ぐちゃぐちゃだなぁ~」とウンザリする毎日。少し片づけても、子どもが幼稚園から帰ってくると、あっという間に元通りになってしまい、またため息…という繰り返しでした。

 


やらなきゃやらなきゃとやってもすぐにぐちゃぐちゃになってしまい、あ~したい、こ~したいと理想はあるものの、一向に片づけがうまく進みません。
悩み疲れてぐったりしていた時、友人からお片づけのお手伝いをしてもらえるということを教えてもらいました。
とにかく何か変えてみなきゃ!という気持ちで勇気を出して電話をしました。
カウンセリングで、悩みをじっくり聞いてもらい、実際にお片づけ作業をしてみると今まで物があふれ過ぎて、一人では全く進まなかったのが、一気に物が減り、不思議なことに次はあっち、次は…と他をどんどん片づけたくなりました。
この心の変化に自分自身がとてもびっくりしています。子どもにも「キレイだと気持ちいいね」と伝えながら、頑張って一緒に片づけられるようになりました。本当にありがとうございました。


お片づけ事例、豊橋市Tさま本当に必要なものが何なのか気づくことができました。
【豊橋市】Tさま
1年前に引っ越しをしたのですが、未だに積まれているダンボール達。
出かける際も、あれがないこれがないと、とても時間をかけていました。
市が主催した妙子さんの講座を受けたり、整理収納セミナーも受けてみて、なるほど!片づけが苦手な人は、まず物を減らすんだ!と実践してみましたが、あれもこれも自分にとっては必要だと思う物ばかりで全く捨てられませんでした。
3才と11ヵ月の2人の子どももいて、掃除もままなりません。
夫も「すっきりした部屋で暮らしたい」と言いますが、散らかっていてくつろげませんでした。
そこで思い切って、妙子さんにお片づけのお手伝いを依頼しました。
心とお片づけのカウンセリングを受け、自分や家族の思いを聞いていただき、もう一度片づけのノウハウやポイントも教えていただきました。本当に片づけや掃除をする時間が一日のうちどこにも取ることができないのか?家事時間にも向き合いました。
一番最初に取り掛かったのは、毎日家族が食事をするダイニングテーブルです。
いつか読もうと思っていたフリーペーパー、チラシ、DM、カタログ・・・1枚1枚を手に取って「いつ読みますか?」と妙子さんとすべてのモノに向き合った1時間半。
「いつか読もうと思っていたけど・・・」と心が痛みました。しかし、いつになったら読めるのか?いつか読もうと思いながら雪崩が起きていた情報誌たちがすっかり居なくなり、さびしいどころかテーブルの上も、重くのしかかっていた私の心も不思議なほどにスッキリしたのです。

床も足の踏み場ができすっきりしました。
何でも口に入れてしまう赤ちゃんへの心配も減りました。
「そ~か~、そういう事か~♪」
捨てられないと思っていた物たちは、今必要じゃなかったんだ、今大切なのはすっきりしたテーブルの上で家族が笑顔でごはんを食べられることだと気づきました。
夫は「毎日片づけに来てくれるといいのに~」とすっきりした部屋を見てしみじみと言っていました(笑
全部が必要だった私が、本当に必要な物を知るきっかけができて良かったと思いました。


お片づけ事例、豊橋市Kさま終始あたたかく話を聞いてくださり、それが安心につながりました。
【豊川市】Kさま
お片づけのお手伝いをお願いしようと思った理由は、子ども2人の産前産後、実家へ行っている間に自宅がどう手をつけたら良いのかわからない程ぐちゃぐちゃになってしまったからです。また、今は一緒に住んでいない主人の妹さんやお義母さんの物もたくさんあり、子どもが増えてきてどんどんお家が狭くなってきた事も大きな理由でした。
カウンセリングを受けてみて、実家暮らしに慣れてしまった私の気持ちを自宅へ戻すことが一番大切だよと言われ、ハッとしました。家を汚くしてしまったと思っている私に、たえさんは終始あたたかくお話をしてくれたり、聞いて下さったり、励まして下さいました。それがすごく安心につながりました。
実際にお片づけ作業をしてみて、自分ではない、家族でもない、冷静に物がいるかどうかの判断をしてくれる第三者の意見はとても貴重でありがたいと感じました。
私は、人の物はどんなに古い物(不要と分かる物)であっても捨てられないタイプでしたので、その物たちがずーっと重荷となって知らないうちに心にずっしり乗っていました。
それもあり実家のほうが居心地良くなっていたのかなと思います。
捨ててもいいのか迷う物に、ひとつひとつ冷静に「これは捨てて大丈夫ですよ」「これは聞いてみましょうか」と言葉をくださるので、私の捨てるスピードもどんどん早く、潔くなっていきました。
家が綺麗になってきたのを見たからか、一緒に暮らしている主人のお兄さんも、自分の部屋を片づけ始められました。
子ども達もとても嬉しそうでした。
私の心もとても軽くなっていきました。
お片づけ最終日に、ビックリすることがありました。お義母さんが今の家に引っ越しした時にしまったままになっていたであろうダンボールいっぱいの食器を、10年前に見たときは、自分には不要だと感じて手をつけていなかったのですが、今回たえさんがいて下さるので久しぶりに勇気を出して開けてみたら、使いたいと思えるように自分か変化していました。
きっと、お片づけをお願いしていなかったら、不要な物のまま捨てられず戸棚の隅に追いやられていたと思います。
お片づけをお願いする事で、手放すべきものが手放せるようになり、逆に要らないと思った物を、捨てなくて良かったと思う体験もできました。
もう少し、お片づけの続きを頑張って、自分と家族が心地よくいられるお家づくりをしていきたいです。
ありがとうございました。


お片づけ事例、豊橋市Tさま整理収納セミナーを受講して、たえさんの信頼できる人柄に安心してお願いしました。
【豊橋市】Tさま
お片づけを依頼しようと思ったきっかけは、以前たえさんの整理収納セミナーに参加したことです。
たえさんのセミナーは、明るい雰囲気で、とっても楽しく、受講した人達の気持ちを前向きに、お片づけへの“やる気”を起こさせてくれるものでした。

たえさんのセミナーを何度か受講しているうちに、自分だけ知っているのではなく、ぜひ他の人にも教えてあげて生活しやすくなればいいなと、まずは両親の片づいていない所をお願いしようと思いました。
プロの方にお片づけしてもらえるのはいいチャンスだと思ったのです。
ただ、プライベートな場所を人に見せるということにはとても悩んだのですが、セミナーを通して何度もたえさんに会っていくうちに、たえさんの人柄や相手を思う気持ち、心に寄り添って一緒に考えてくれる人だということを確信でき、信頼できるたえさんになら、プライベートな場所を見せても大丈夫だと思いお願いしました。
実際にお片づけをしてもらう日程が決まったら両親が気合が入ってしまったようで、事前に片づけてしまい、お片づけ後のチェックをしてもらっただけなのですが、私自身が家の事について思っていることを相談したら、真剣に話を聞いていただき、親身になって考えてくれました。
両親も、お片づけの意識が以前より出てきて、たえさんにお願いをして心の中もすっきりし、本当に良かったと思いました。
今回良いきっかけをいただけたことに感謝しています。ありがとうございました。


お片づけ事例、豊橋市Sさま自分でも気づかなかったスッキリしない原因がわかりました。
【豊橋市】Sさま
整理収納セミナーを受け、どのように片づけたらいいのかを学び、その度にやる気もアップしていたのですが
いざ実践となるとなかなかうまく判断できず捨てることが出来ずにいました。
家の中がいつまでもスッキリしなかった為、プロの方と一緒にやってもらいたいと思い依頼しました。
まず、「心とお片づけカウンセリング」をじっくりと受けてみましたが、その中でなぜリビングがくつろぐ場所にならないのか、自分も気づかなかった深いところに原因があることがわかり、片づけをする必要性がはっきりとわかったので取り掛かりやすくなりました。
初めのうちは、家の中の特に必要のないモノなど人に見せるという事が少し恥ずかしく思っていたのですが、そんな気持ちも全く無用で、一緒にお片づけを進めていくうちに、すっかりなくなっていました。
お片づけ終了後、家族みんなが「きれいになってるネ」「スッキリしたネ」ととても喜んでくれました。
あふれたモノの中で、くつろげない毎日より、スッキリとした暮らしの快適さを実感し、今までより捨てることに「ちょっとマッタ」がなくなったと思います。
本当にありがとうございました。


お片づけ事例、豊川市Mさま私たち夫婦にとって、とても貴重な挑戦でした
【豊川市】Mさま
どうしても片づけられない。
夫婦共々捨てられない私たちにとって、2日間のお片づけ体験は人生の中で貴重な挑戦でした。
まず「心とお片づけカウンセリング」で毎日忙しいと言いながら1日中探し物をしている時間がどれだけもったいない事なのかということに気づきました。
子どもの服の整理やリビングの片づけをしてみて、保育園児である二男が美しくなったリビングに3日間もの間、感動の言葉を言い続けていたのには驚くと同時に、小さな子どもでも綺麗な環境は大切なのだと改めて思いました。
長男は自分の物が捨てられず、ホッとした様子と共に、奥底にあったものが出てきてとても喜んでいました。
リビングにある大量の文具を一気に出して分別するのは、一つ一つの物に向き合い、自己決定の連続、パワーの要るハードなものでした。
励まされながら、物を減らし続け、だんだんスッキリしてくると不思議と気持ちまでスッキリしました。
一人では絶対にできなかったこの片づけ体験。
背中を押してもらい自分や家族に、今必要のないたくさんの物を手放すことが出来ました。
物を選択すること・溜め込まないことを学び、あれもこれも捨てられなかったのが少しずつ自分で捨てられるようになりました。
これからも探し物をしない快適な暮らしを目指し、少しずつ減らしていきたいと思います!
ありがとうございました(*^_^*)
 
ページトップへ