スタッフブログ

捨てられない原因は「性格」ではなく「心の問題」である場合

代表理事 河合 妙子 自己紹介へ
2020/06/22(月) スタッフブログ

こんにちは!

 

心とモノのお片づけをする

愛知県のお片づけ心セラピストベル河合妙子です。

 

 

 

今になって時々ふと思うことがあります。

 

 

 

「昔はなんであんなにモノを捨てられなかったのかな」

 

 

 

10年以上も前の年賀状。

 

独身時代のサイズアウトした服。

 

すごく素敵だけど絶対使うことのない食器。

 

 

 

 

 

 

 

食器棚も、引き出しの中もテレビボードの中も、

収納スペースという場所には、よくわからないものがぎっしりと詰め込んでありました汗

 

 

もちろん整理収納とは無縁でした・・・。

 

 

 

もしあの頃に、今の私がタイムススリップしたら

 

「それはもうサヨナラしちゃって大丈夫だよ~。

 

 モノが少ないとスッキリするよ~。

 

 だまされたと思って捨ててごら~ん。」

 

って、背中を押してあげるでしょうが

それでもあの頃の私には、きっとなかなか捨てられなかったと思います。

 

 

なぜならあの頃の私は、

どっぷりと

心にトラウマを抱えて生きていたからです。

 

 

 

 

私はアダルトチルドレンだった

 

 

アダルトチルドレンという言葉を聞いたことがありますか?

 

芸能人でカミングアウトされた方もいますが、

心理を勉強するまで、私はずっと他人事と思ってました。

 

まさか自分もアダルトチルドレンとはびっくり

夢にも思わなかったのです。

 

アダルトチルドレンとは、機能不全家族で育った生きづらさを抱えた大人です。

 

機能不全家族とは、

 

毎日怒りが爆発したり、虐待がある家族だけでなく、

 

過保護過干渉や極度の期待をしたり、

 

両親のどちらかが病弱、または片親など・・・

 

子どもが子どもらしくのびのび育つことのできない

 

どこにでもあるような家族のことを指します。

 

そう、どこにでもあるような家族ですので、

日本人の90%の大人が、大なり小なり何らかの

心にトラウマを持ったアダルトチルドレンである、というのはうなづけます。

 

スパルタ教育を公言していた父親と、

統合失調症を患っていた母親。

 

幼い時に、両親は離婚し、その後、すぐに父親が再婚するも

継母も4年後に他界している私の家庭は、

完全に機能不全家族でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

アダルトチルドレンから脱却すると、モノは捨てられる

 

 

必要でないモノをついつい買いこんでしまう。

 

ずっと使っていないモノも不要と思えず、どんどんため込んでしまう。

 

 

するとお家の中は、どんどんモノが増え

溢れかえってしまい、どこに何がどれだけあるのかもわからなくなってしまい

イライラする毎日。

 

でも捨てられない・・・。

 

そんな日常に心あたりのある人は

もしかしたらアダルトチルドレンの傾向があるのかもしれません。

 

 

相手が望む、望まないに関係なく

お世話をしてしまう「共依存症」。

 

モノや行為に依存してしまう「依存症」。

 

どちらの傾向もある人もいます。

 

 

機能不全家族で育ち、心にトラウマ(傷)を持った人は

 

その心の空虚感(穴)を埋めようとして

欲しくもないのに買い物をしてしまったり、

 

誰が見てもごみ同然のモノさえ捨てられませんショボーン

 

 

 

でも安心してくださいねビックリマーク

 

 

 

もし自分自身が生きづらさを抱えていて

それがアダルトチルドレンだからかもと気づいたら

 

12のプロセスを一つずつクリアしていくことで、

アダルトチルドレンの生きづらさから

脱却(よくない状態から抜け出すこと)することができますよおねがい

 

 

 

私がずっとできなかった「お願いするということ」

 

 

私は子どものころから、人に何か手伝ってもらったりすることが

ずっとできませんでした。

 

人にお願いすることで、相手が嫌な思いをするんじゃないかと

保育園に通っている頃から、いつも周囲に気を遣ってましたびっくり

 

相手に何か頼まれごとをしたとき、たとえ自分の体調が悪くても

「ノー」と断れませんでした。

 

それは、信頼する家族に対してでもですショボーン

 

 

これはアダルトチルドレンの症状である「共依存症」の大きな特徴の一つです。

 

 

脱却のプロセスとして、私が意識したこと。

 

それは一日一回お願いすることです。

 

「えーっビックリマーク こんな簡単なこと!? 私一日に何回でもやってるよ~音譜

って思う方もいるかもしれませんね。

 

でもこれが、私にとってはものすごくハードルの高いことでした笑い泣き

 

深呼吸して、何度も頭の中でイメージトレーニングして、

勇気を出してお願いしていました。

当時は・・・。

 

 

今では、家族にも社員にも

気持ちよくお願いすることができます照れ

 

 

お願いをされたほうも、信頼されてる感じがして

実は嬉しいんですよねラブラブ

 

それがずーーっとわからなかったんですあせる

 

お願いすることが苦手な人は、ぜひ

 

今日から一日一回、お願いしてみましょうドキドキ

 

 

そして 「ありがとう」 って

思い切りの笑顔で感謝しましょうキラキラ

 

 

 

 

そんな毎日が、いつの間にかモノに執着しない心を育てていくのです。

 

 

記事一覧

1ページ (全11ページ中)

ページトップへ