スタッフブログ

「私だって怒るのだ」

代表理事 河合 妙子 自己紹介へ
2019/09/17(火) メルマガ

おはようございます。河合妙子です。

生まれて初めて整形外科に行ったところ

腱鞘炎の原因は単なる手の使い過ぎだけでなく、

首や肩、全身が原因となることを知りびっくり!

 

スマホの見過ぎ(1時間は長い!?)で首や肩の筋肉疲労、

湯船にゆっくり浸からないこと等指摘され

目からうろこが落ちました。

 

「私だって怒るのだ」

 

■笑顔は周囲の人を幸せな気持ちにさせてくれます。

笑顔には計り知れないパワーがあることは

誰もが知っています。

人は皆、笑顔が大好物なのです。

私も笑顔が大好きです。

 

「結婚したら笑いの絶えない家庭にしたい」

子ども時代、厳しかった父との会話のない食卓と

母が亡くなってからの笑いの絶えない食卓。

両方を経験している私にとって

笑いの絶えない家庭を作ることは、

結婚前からの必須条件でした。

ところが夫は、家族と楽しく笑うことが

とても苦手な人だったのです。

 

その原因は、彼の性格というよりも

実は育った環境にあったのだと

心理学を学んで理解できました。

ずっとわかりあえない・・・悶々としていた気持ちが

原因がわかったことでふわっと軽くなりました。だから、

ちょっとやそっとの暴言や否定にも

腹が立たなくなったのです。

 

■でもね~

やっぱり私も人間なのだ~!

ついに爆発してしまいましたよ(泣)。

子犬を迎えてから毎日が慌ただしく過ぎ

加えて連日の夜仕事。

右手の腱鞘炎と頭痛で体がまともに動かないことを

「日ごろの不摂生だ」と否定された上

翌日も理不尽なことで暴言を吐かれ

ほぼ一ヶ月不機嫌だった夫に

「も~~我慢できない!!」とブチ切れました。アハハ(汗)。

 

夫曰く、不機嫌の原因は仕事のストレスと更年期?だそうで。

まあこんな些細なことでの夫婦喧嘩は

どこにでもある話ですよね。

今まで暴言や否定は、その都度やんわりと

「嫌な気持ちになるから」と伝えてきたのですが

今回のブチ切れは、夫にもしっかり伝わったみたいです(笑笑)。

 

■実は“怒り”は悪い感情ではありません。

なので怒っていけないわけではないのです。

大切なのは、その怒りがどこから湧いてくるのか

しっかりと原因に向き合うことなのです。

夫自身も自分の怒りがいったいどこから来ていたのか

冷静に考えられたようですし、

原因がわかると、怒りの感情は急速にしぼんでいきます。

 

私の場合、いつも笑っていたいからこそ腹が立った。

でもよくよく考えたら・・・

身体が疲れていたことが根本的な原因。

その晩はスマホチェックも封印し、ゆっくり湯船に浸かり

自身の身体や心も、しっかりと労わってあげました。

 

起こった「結果」には全て「原因」があります。(原因と結果の法則)

この原因を放置せず、きちんと突き止めることが

早期改善につながるのです。

それではまたね♪

 

河合妙子

記事一覧

1ページ (全8ページ中)

ページトップへ