スタッフブログ

終活を始めるなら「結婚前」がおススメなわけ。

代表理事 河合 妙子 自己紹介へ
2020/06/19(金) スタッフブログ

こんにちは!

 

心とモノのお片づけをする愛知県のお片づけ心セラピストベル河合妙子です。

 

昨日はあいにくの雨でしたが、

 

早朝のわんこ散歩に出ると

 

雲一つない清々しい空を見ることが多くなりました!

 

 

 

空を見上げながら思い切り深呼吸。

 

深く息を吸うと心もスッキリします音譜

 

 

 

 

 

心がスッキリすると、

 

生きていること、生まれてきたことに

 

感謝の気持ちがわいてきますキラキラ

 

片づけは、まず、今ここにこうして生かされていることに気づき

感謝の気持ちを持つことで

スムーズに進めることができるのです。

 

 

 

 

 

「終活」とは年配の方がやる片づけのことではない

 

 

みなさんは終活ってしたことありますか?

 

「就活・・・ならあるけど!」

 

「終活って年取った人がやるんでしょ?」

 

もしくは

 

「そろそろやらないといけないなあとは思ってるんです。」

 

そんな言葉が聞こえてきそうですね!

 

 

終活という言葉は誰でも一度は聞いたことがあると思います。

 

 

 

「生前整理」「老前整理」「遺産整理」

 

この3つのことをまとめて終活というのです。

 

 

ここでみなさんもうお気づきですね!

 

そーなんです。

 

ご年配の方がする片づけは「老前整理」です。

 

 

そして「生前整理」というのは、いくつからでも、

 

たとえ20代から始めても

 

決して早すぎることはないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生100年時代というけれど

 

 

みなさんは自分がいつ死ぬか知ってますか?

 

 

だれもが自分の死ぬ日など知るわけありませんが、

 

明日自分が死ぬなんてことも、だれも思っていません。

 

私も思ってません。笑い泣き

 

 

 

でも明日あの世に行くかもしれないし、

 

もしかしたら100歳まで、いえそれ以上

 

自分の意思に反するくらい、あと何十年も楽勝に生きてしまうかもしれませんよね笑い泣き

 

 

私事になりますが

 

私の継母は生前とっても几帳面でしたキラキラ

 

もう亡くなって45年になりますが、今でも自慢の母親です照れ

 

 

母はまだ29歳のとき、ある日突然亡くなってしまいました。

 

まだ幼かった私の記憶には

 

本当にきれい好きだった母の優しい姿が

 

今も鮮明に残っています。

 

子どもでも、子どもだからこそちゃんと覚えているんです。

 

 

 

そんな几帳面な母だったので、ある日突然だったのにもかかわらず、

 

どこに何がしまってあるのかは父にも一目瞭然だったので

 

なんにも困らなかったそうびっくり

 

 

 

明日あの世に行くとしても、

 

まだ何十年生きるにしても、

 

生活しているとモノはどんどん増えていきます。

 

 

 

昔はモノがとっても少なかったので、整理収納なんて考えなくてもよかったのですが

 

今はモノ余り、使い捨ての時代。

 

 

やっぱり日々モノと向き合い、モノを整理し、片づけをしていかないと

 

あっという間にお家はメタボハウスになってしまうのです豚あせる

 

 

 

 

 

部屋がキレイだと落ち着かないってホントかな

 

 

お家の中がモノで溢れかえっていて散らかり放題でも

 

「私、散らかっているほうが落ち着くんだよね」 って言われる方がいます。

 

「キレイな部屋だと汚してはいけないと緊張するし、そわそわして落ち着かない」ってキョロキョロ

 

 

なるほど、確かにきれいに片づいている部屋にいたら、

 

ごみをその辺にポンポン捨てるわけにはいきません。

 

ごみはゴミ箱へ、モノは元あった場所へ、というように意識する必要はありますね。

 

 

 

そーいえば、毎日寝る時間もままならない超ハードワークだった保育士の独身時代、

 

私の部屋はしっちゃかめっちゃかでした笑い泣き

 

 

 

片づけや掃除をする気力は全くなく、

 

というか、片づけ掃除嫌いだった私のその時の口癖が

 

 

「私散らかってるほうが落ち着くんだよね~♪」

 

「掃除しなくてもホコリで死にはしないよね~♪」

 

「まっいいかぁ~♪」

 

 

だったのですよ笑い泣き

 

 

当時カレシだった今の夫が遊びに来た時は

 

そりゃもう大変でしたよビックリマーク

 

キレイな部屋に見せかけるのに笑い泣き笑い泣きあせる

 

 

 

でも『散らかってるほうが落ち着く』って本当かな?

 

 

 

 

 

「もし自分が住むのなら、スッキリきれいに片づいた部屋と、

 

モノで溢れかえって散らかっている部屋、どちらに住みたいですか?」

 

 

片づけの講座で受講生さんにこう質問すると

 

「散らかってるほうが落ち着くから散らかってる部屋に住みたいわ~音譜

 

 

 

なんていう人は一人もいません爆  笑

 

 

 

キレイに片づいた部屋のほうがどれだけ居心地がいいのか、

 

キレイな部屋に住むメリットを

 

みなさんもう気づいているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

終活は結婚前がおススメ

 

 

「もういい加減に自分のモノ持って行ってくれない?」

 

結婚後、実家の親御さん、もしくは兄弟姉妹からこんなこと言われた人はいませんか?

 

 

 

「家を建てたら実家においてあるモノ持ってこなきゃ」

 

家を建てる人から、結構な頻度でこのセリフ聞きますよあせる

 

 

人生において、片づけをするチャンスは何度かあります。

 

①学校を卒業するとき

 

②結婚するとき

 

③出産するとき

 

④家を建てるとき

 

⑤子供が自立したとき

 

 

もちろん片づけなくっても掃除しなくっても

 

すぐには死にません。

 

明日までに片づけないと死ぬって言われてもびっくり

 

それでも片づけるのが嫌な人はいるかもしれません。

 

 

でももし、キレイな部屋に住みたいっていう気持ちが少しでもあるなら

 

結婚前に終活を始めましょうラブラブ

 

 

始めるなら結婚前がおススメです。

 

 

結婚前に、必要・不要の区別のスキルを磨いておけば

 

 

子どもが生まれても、モノが増えても、

 

ママ友ができても、

 

 

いつでもスッキリした部屋を維持できているので

 

誰でも「カモ~ン」

 

ユアーウェルカム音譜ですよねチュー

 

 

 

生活の環境が変わる時こそ、

 

自分が生まれ変わるチャンスなのです。

 

 

 

新婚の時だけキレイ好きを装っても

 

化けの皮はすぐに剥がれ落ちます笑い泣き汗

 

 

 

もちろん 「もう結婚してしまったんですけど~」っていう人でも大丈夫グッド!

 

 

 

終活は、いつから始めても

 

早すぎることも遅すぎることもありません。

 

 

林先生の「いつやるの?今でしょ~」ではないですが

 

気づいたとき、そのときがチャンスですベル

 

 

 

 

片づけにコンプレックスを持っている人は、

キレイな部屋を意識しています。

 

だから片づけにネガティブな人は、

必ずキレイな部屋を実現することができるのです。

 

 

お部屋だけでなく、

 

心も体もスッキリ軽く、楽になれます音譜

 

記事一覧

1ページ (全11ページ中)

ページトップへ