スタッフブログ

お気に入りの食器は自分のために♪

マスターお片づけ心セラピスト 黒木 摩美 自己紹介へ
2018/11/14(水) すべて
こんにちは!
マスターお片づけ心セラピストの黒木摩美です♪
 
 
お片づけレッスンにお伺いしたM様ニコニコ今回は食器のお片づけをしました。
 
 
 
食器も「今使っているモノ」「使っていないもの」に分け、「毎日〜週に2、3回使うモノ」は食器棚の1番出し入れしやすい場所へ納めていきます。
 
 
M様は近々地域のフリーマーケットへ出店なさるそうで、「これはもう使わないからフリマへ出します」と、いつも以上に要不要の判断がしやすいようでした。
次に誰かに使ってもらえると思うと手放しやすいですね。
 
 

今回かなりの量を手放されたので、余裕を持って収納できました。
 
お皿の収納のポイントは、「違うお皿を重ねすぎないこと」。重ねる場合は2種類までがベストです。
出し入れの度に上のお皿をどかすのは面倒です。
M様も「使いたいと思っていたお皿が下の方にあったので、今まで使えませんでした」とおっしゃっていました。
これからは使いたいお皿をさっと取り出して使っていただけます♪
 
 
M様お疲れ様でした!
 
 
 
 
*********************
 

 

実は食器は手放しにくいモノの代表格でもあります。
長い間使っていなくても、どこも欠けていない食器は「まだ使える」「もったいない」と思ってしまいがち。
また、「たくさんあれば便利だから」「いつかお客さんが来た時に必要になるかも」とついつい数を増やしてしまったり。
それから、ステキな食器や高価な食器は「いつか来るかもしれないお客様用」として奥底にしまいっぱなしで、普段自分たちが使う食器は100均のモノというご家庭も少なくありません。
 
 
でも多すぎるお皿は、かえって家事の負担を大きくしています。
食器を洗う手間、探す手間、上のモノをどかす手間…
 
それより、本当に自分が使いたい食器だけを残して(たとえとても高価なお皿だとしても!)、それを毎日使うことで心がとても豊かになります。
もったいない!としまいこまず、自分用にどんどん使いましょう♪
 

私は大好きなムーミンのお皿を使いたくて、同じ大きさの白いお皿(おまけでもらったモノ)は手放しました。
 
おかげで料理するのが楽しみになりました♪
 
みなさんも食器がなかなか手放せないと悩んだ時には「どの食器で食べたいか」で考えてみてくださいね。
 
 
ただ今キャンペーン中の「1dayお片づけ体験レッスン」!年内いっぱいのキャンペーンですので、一度お片づけレッスンを受けてみたいという方はお早めにお申し込みくださいませ。

記事一覧

ページトップへ